認定こども園 どれみ保育園について

はじめに

どれみ保育園は、子ども達にとって「第二(昼間)の家庭」でありたいとおもっています。「第二(昼間)の家庭」というのは、雰囲気もそうですが、子どもたちそれぞれが、豊かに安心して成長していける環境という意味も含んでいます。そして次の4つの事を心掛け、保育を行っていきます。
①遊びを中心とする保育
②一人ひとりを大切にする保育
③命を育む保育
④緑を育てる保育
生ごみを土にかえして野菜作りなど、命をつないでいく自然に寄り添った保育を大切にしていきます。

 

認定こども園とは

保育園・幼稚園のよいところを活かしながら、その両方の役割を果たす新たな枠組み施設です。
Ⅰ 就学前の子どもに保育・幼児教育を提供
Ⅱ 地域おける子育て支援の実施
すべての子育て家庭を対象に(地域の在宅子育て家庭など)、子育て不安に対応した相談活動や、親子の集いの場の提供などを行います。
上記Ⅰ、Ⅱを備える施設で、都道府県知事が「認定こども園」として認定した施設を言います。

   ※「認定こども園 どれみ保育園」は認定こども園としての機能を果たす地域裁量型認定こども園です。